Blog
焼酎の紅茶割りってどんな味?女子におすすめです!

焼酎の紅茶割りってどんな味?女子におすすめです!

  |   ティーとお酒について, 紅茶について

いつもの焼酎がさらに美味しくなる方法について

 

お酒の種類はたくさんありますが、人それぞれ好みがあります。

日本でお酒を飲み始めた昭和の時代はブランデーや、ウィスキーを好んで飲んでいる人が多くいましたが、
近年、日本人に人気なお酒の種類は焼酎です。

芋や麦が多く出回っていますが、最近ではその他にも様々な原料が使われていて、
焼酎への注目はより一層高まりつつあります。

近年、焼酎が注目されている理由は原料だけでなく、
様々な飲み物で割ることが出来ることでも、注目されているようです。

割り物を変えると焼酎の味が強調されたり、中和されたり、いろんな味とブレンドすることで、
もともと焼酎好きの人はさらに魅力に惹かれるだけでなく、焼酎が苦手だった人も好きになることもあるようです。

どんなもので割ると、より美味しく飲めるのか、様々な飲み方がありますが、
水やお茶などが主流な中で、近年どんどん人気になっている割り方が、紅茶割りです。

紅茶割りは今までの芋や麦焼酎の概念が変わると話題になっているようです。

今までカクテルなどを好んでいた若い女性なども割り方を変えただけで、
焼酎のファンになった方も多いようです。

なぜこんなにも人気が集まっているのか気になる方も多いのではないでしょうか?

 

紅茶割りの魅力は飲みやすさにあります。

 

お酒の中でも、芋や麦が苦手な方々の理由に多いのは、味や匂いが多いようです。

特に芋の独特の味をきついと感じる人は少なくないようですが、
紅茶割りにするとその独特の味や匂いがマイルドになり、
絶妙な相性で芋や麦の苦手として気になる部分がなくなり、
紅茶のフルーティーな香りに包まれて女性にも飲みやすいようです。

もともと本来の味が好きな方にも、味の良さがしっかり残っているのため、
そんな方にも好まれるようですし、原料の好き嫌いに関わらず、双方からの注目がある珍しい割り方のようです。

お茶より、香りや味がしっかりしている紅茶だからこそ、焼酎との相性がいいのではないでしょうか?

お酒がもともと苦手だった方々でもこの割り方なら飲みやすいとの声も多いようです。

さらに紅茶割りの魅力はさっぱりした味にもあり、長くお酒を楽しめて、
普段お酒のお供としていたおつまみとの相性も変わりなく楽しめるます。

さらにお酒に合うお供のおつまみも自分の好みで見つける楽しみも出来るのでおすすめです。

芋や麦の原料も低カロリーで、紅茶も低カロリーなので、
一杯一杯カロリーを気にすることなくお酒を楽しめるのも女性からの支持が高くなっている理由でもあるようです。

 

アクセントはレモンを添えることです。

 

そんな紅茶割りをさらに美味しくすることが出来るので、
バーやお酒を扱うお店で添えて出てくることが多いのがレモンです。

アルコールが紅茶でフルーティーになった上にさらに、スッキリさせてくれます。

元の紅茶や麦や芋などの原料との相性もいいので、合わせるとさらに良さが引き立ちます。

最初の一、二杯は、紅茶割り本来の味をたのしんで、
途中でレモンを添えて飲むと味や香りが少し変わって、飽きずに飲めるので、
お酒が強い方の間でアクセントとして楽しまれています。

くせの強いお酒が苦手な方には、アルコールは少なめに入れて、紅茶の分量を多めにし、
レモンを添えて出すと、アルコールの味がほとんどなくなり
アルコールを飲んでみたくても、手が出せなかった方でも抵抗なく飲んでもらうことが出来るのでおすすめです。

アルコールが強い人には香りや味が強いもので紅茶割りを作ると、評価が高いようで、
お酒を扱うお店などでは、紅茶割りとあってもそれぞれに合わせた作り方をしてくれるところも多くあるようです。

紅茶割りを頼む人が多くなっているのもわかります。

家庭でも自分で簡単に作れるので、自宅での晩酌に軽く一杯飲む方も増えているようですので
自宅でも一度、味わってみるのもおすすめです。

 

 

Tea Total- ティートータル

 

ニュージーランドから直輸入のTea Totalの様々な商品は、こちら