Blog

お酒が得意じゃない人にも紅茶で割るカクテルはおすすめ

お酒が得意じゃない人にも紅茶で割るカクテルはおすすめ

  |   ティーとお酒について, 紅茶について

紅茶で割るカクテルとは?

 

紅茶で割ったカクテルの文化はかつてからあり、それは紅茶をよく飲まれているイギリスで始まりました。

お酒と紅茶の相性は抜群に良く、アレンジがしやすいため、
代表されるカクテルメニューの中には紅茶を使ったものが様々にあります。

甘みのあるものが多いため、お酒が得意じゃないという人にも好まれるものが多いでしょう。

紅茶の香りは生かしたままでという前提でカクテルを作るため、基本的にアイスティーを使って作られています。

そのため、2度取りした濃いめのアイスティーが使われることが多くあります。

代表的なカクテルメニューではなくても、紅茶は様々なものと相性がいいので、
自分でも自由に色々と試すことができますし、独自のカクテルメニューを提供している店も多数あります。

カクテルに向くお酒には、ブランデー、ウィスキー、ラム酒、ウォッカ、梅酒、各種リキュールなど様々にあります。

材料についても、ミルクや各種フルーツのジュースなどを使うと、
お酒が得意じゃない人が、お酒の味をあまり感じることなく、見た目も綺麗なカクテルになります。

特にミルクを使うことによって、アイスだけではなくホットとしてもおいしく飲めることができます。

 

梅酒を使った紅茶のカクテル

 

紅茶と梅酒の組み合わせは意外とされそうですが、実は相性がとても良く、
また更に相性が良いとされている柑橘系のフルーツや果汁と合わせてカクテルを作られることは多くあります。

お酒が得意じゃない人の中には梅酒ならば飲むことができる人がいます。

そんな人におすすめしたいカクテルになります。

梅酒を使ったカクテルの代表的なメニューには「ミントフレーバー」があります。

用意する材料は、アイスティー、梅酒、グレープフルーツ果汁、シュガーシロップ、ミントエッセンスで、
好みでカクテルを飾るために使うカットした生のグレープフルーツとミントの葉を用意します。

作り方は、梅酒にグレープフルーツ果汁、シュガーシロップ、
ミントエッセンスを合わせてからアイスティーを注いで攪拌します。

グラスにカットしたグレープフルーツを飾り、ミントの葉を浮かべて完成です。

ここではグレープフルーツ果汁を使いましたが、オレンジ果汁を使うバリエーションもあります。

作り方は、梅酒にシュガーシロップとオレンジ果汁を合わせ、アイスティーを注ぎます。

好みでカットしたオレンジを飾ったり浮かべたりすると良いでしょう。

これらのカクテルは口当たりが良く飲みやすいため、飲みすぎには注意すべきです。

 

モーツァルト・リキュールを使った紅茶のカクテル

 

モーツァルト・リキュールとは、ビター・チョコレートの香りと味わいがするチョコレートリキュールです。

紅茶とチョコレートリキュールの組み合わせは、見た目も華やかなデザートカクテルを作ることができます。

また、お酒が得意じゃない人にとっては、とても飲みやすいカクテルになるでしょう。

家にモーツァルト・リキュールがあれば、いつでも手軽にカクテルを楽しむことができます。

チョコレートリキュールを使ってカクテルを作るときのポイントは、
紅茶の香りを生かすために濃いめのものを使う必要があります。

用意するものは、チョコレートリキュール、濃いめに入れたアイスティー、氷、シュガーシロップになります。

ただしシュガーシロップに関しては、
モーツァルト・リキュールがビターな風味のチョコレートリキュールであるため、
好みで入れたり量を調節して入れるといいでしょう。

作り方は、氷を入れたグラスにチョコレートリキュールと好みでシュガーシロップを入れ、
そこにアイスティーを注ぎます。

アレンジとしては、アイスティーの量をグラスに半分ぐらい注ぎ、その後ミルクを注ぎます。

生クリームを少し浮かべると見た目が綺麗です。

このカクテルはホットで飲むこともできます。

 

簡単に出来る紅茶カクテルをカクテルグラスに入れて
素敵な気分にもなる様々なカクテルを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

 

Tea Total- ティートータル

 

ニュージーランドから直輸入のTea Totalの様々な商品は、こちら