Blog
ワナカ

ニュージーランド人に圧倒的な人気を誇るリゾート地、ワナカ

  |   ニュージーランド, ニュージーランド観光地をご紹介

こんにちは、Sotaです

日本はお盆が終わり、長い休みだった方も、また日常の生活に戻ったのではないでしょうか?

多忙につき、少し、ご無沙汰しておりましたが、
今回もニュージーランド観光地の紹介をしていきます。

今回は、Kiwi(ニュージーランド人)にも大人気の場所、ワナカを取り上げてみたいと思います。

Wanaka / ワナカ
Lake Wanaka / ワナカ湖

 

ワナカ
ワナカは、ニュージーランドの南島、南アルプスに囲まれています。

中心となる町は、ワナカ湖の南に位置する町で、
周囲は山に囲まれています。
また、ワナカから南に約70kmでクイーンズタウンにアクセス出来るため、
クイーンズタウンが非常に人気かつ高騰、開発が発達した現在、田舎のような、のんびりとした風景を求めるKiwiに
注目されている町とも言えるでしょう。

 

ワナカ
先日、ニュージーランド大使館のFacebookでもワナカの写真が取り上げられておりましたが、
ワナカ湖に生える木は私も水中に生えている!?と驚き、
何枚もシャッターを押した覚えがあります。
(写真のような水中から生えている木)

インスタグラムでも非常に人気のフォトスポットです。

ワナカは、1940年頃までは、ペンブローケという町の名前でした。
マウントアスパイアリングという国立公園の玄関ともなっている町で、
ワナカでは何が出来る?となると本当にたくさんのアクティビティーが出来ます。

スポーツが苦手という人でも、南島でも随一の美しさと言われるワナカ湖や
ハウェア湖沿いを歩くウォーキング(散策程度でも楽しいです。)、ハイキングも出来ます。

ちなみに、ハウェア湖はワナカ湖の隣にある湖で、どちらの湖も氷河湖となっており、
1万年以上前に巨大な氷河に削られ、出来た湖なのです。
そのため、ロブ・ロイ氷河トラックと呼ばれるトラック(遊歩道?トラッキングコースです)があるのですが、
そこを目指してワナカからアクセス可能なマウントアスパイアリング国立公園へ
足を伸ばせば、現在でも何万年も前からある氷河、ロブ・ロイ氷河を見ることも出来ます。
(ロブ・ロイ氷河トラックの所要時間は3〜4時間ほどです。)

冬は、スキーやスノーボードの観光で非常に賑わいますし、
夏は、ウォーキング、ハイキング、ジェットボート、カヤック(日本でいうカヌー)、
ヨット(セイリング)、トレッキングに、ロッククライミング、ラフティング、
フィッシング(釣り)、マウンテンバイク、スカイダイビングなどが世界的にも有名です。

マウンテンバイクコースは地元のボランティアの方々によって常に整備されていますし、
人々も非常におおらかで優しい町なので、
滞在すると気に入ること間違いなしの観光地だと思います。

特に近年、世界的にも有名になりすぎた感があるクイーンズタウンのホテルや飲食などの物価が異常に高くなってしまっていることから、
ワナカは同じようなアクティビティーも出来、且つ、美しい湖と繁盛期でなければ、それほど忙しくない雰囲気の中、
ゆったりと過ごせるため、Kiwiにも人気なのです。

 

ワナカ
また、ワナカの周りには世界的にも有名なワイナリーの数々(写真ようなブドウの木が並んでます。)
さらに、子供にも大人にも人気で世界的にも有名なパズリングワールドがあり、
3Dのトリッキーな巨大迷路や傾いた塔、遠近法を用いた部屋などなど、楽しめます。

ワナカでは、Burton New Zealand Open(バートン・ニュージーランド・オープン)という
スノースポーツをしている方はもちろんご存知のバートン主催のスノーボードの国際大会、
NZ Free ski open(ニュージーランド・フリースキー・オープン)というスキーの国内大会、

また、2年に1度行われるThe Warbirds over Wanaka(ワナカの戦闘機ショー)も世界的に有名になっています。

南アルプスの山々に囲まれているため、スキー場も多彩で豊富。
トレブルコーンというスキー場は上級コースもリフトで上がることができるほか、
雪質も良いと評判でKiwiには熱狂的な人気を誇るスキー場です。

カードローナ・アルパイン・リゾートというスキー場では、
ハーフパイプが難易度別で4本もあり、さらに、初心者・上級者向けのジブ、巨大な三連キッカーなどもあるので、
スノーボーダーにファンが多いスキー場でもあります。

また、スノーファームというスキー場は、ニュージーランドで唯一のクロスカントリースキー場のため、訪れる人も多いです。

同じくスキー場があるクイーンズタウンも近いので、ワナカを拠点にクイーンズタウンへも遊びに行っても良いでしょう。

南島の国際玄関のクライストチャーチから、国内便がワナカへ出ているので、
日本〜クライストチャーチ〜ワナカと簡単に飛ぶことも可能ですので、
スノースポーツ好きであれば、冬のスノーシーズンに、山登りなどが好き、山登り以外でも上記のアクティビティーが好き、という方は、
夏のシーズンに観光に訪れるのも良いかと思います。
(ニュージーランドの四季は日本と逆ですので、日本:夏=ニュージーランド:冬、日本:冬=ニュージーランド:夏となります。)

 

ワナカ
また、ちょっと贅沢に予算に余裕があるのであれば、
遊覧飛行もおすすめです。

ワナカからセスナに乗り、南アルプスの悠々とした山々、世界遺産のミルフォードサウンド、
ニュージーランド南島の有名な山、マウントクックなども空の上から見るのもおすすめです。
(やったことはないですが、絶対に良いでしょう。笑)

 

⇒ ニュージーランド観光地をご紹介 世界遺産としても有名なミルフォードサウンドは、こんなところ♪

 

また、面白いアクティビティーとして、乗馬トレッキングもあります。
乗馬経験がなくても参加出来ますし、ニュージーランドでのびのびと暮らしている馬と共に
ニュージーランドの広大で雄大な自然を見て歩くのも素敵です。

ビール好きなら、ワナカ空港の隣にあるワナカ・ビアワークスというビール醸造所に遊びに行くのも良いかと。
テイスティングも出来て、自然の中で気持ち良い感じになれるのではないでしょうか?

ワナカはリゾート地なので、レストランもピンからキリまでありますし、
スーパーマーケットもありますし、
予算に応じて色々な楽しみ方をできる町です。

個人的には、kiwiと同じく世界的に有名なリゾート地のクイーンズタウンよりワナカの方が好きかもなぁという町です。
もちろん、クイーンズタウンも好きですが。
クイーンズタウンの紹介はまた後ほど。

こんな世界的に有名なリゾート地、ワナカのカフェやレストランでもTea Totalは楽しめます。
(現地では1杯約5〜600円くらいで提供されていますが、日本の方も直輸入でそれより安くお楽しみ頂けますよ♪)

 

 

 

 

ニュージーランド産のグルテンフリーの米ぬかオイル(米オイル)も♪

 

 

皆さんも素敵な午後をお過ごしくださいませ〜。