Blog

berry_peach_crumble

ブルーベリー 基礎知識と効能効果、作用について

  |   ティーの原材料、素材について

ブルーベリーとは

ブルーベリーは、北アメリカ原産の落葉低木果樹。
名前の由来は、果実が濃い青紫色をしていることからブルーベリー(Blueberry)と呼ばれました。

ブルーベリーの効能について

・アントシアニンによる目への効果

ブルーベリーは、目に良いということで世間に取り上げられてから日本では大変、有名になりました。

その効力を発揮しているのが、アントシアニンというポリフェノールの一種成分になります。

アントシアニンは、視力機能の改善や眼精疲労の回復に効果を持っています
ポリフェノールの一種なので抗酸化作用も持っている有益な栄養となります。

 

・花粉症などの抗アレルギー作用

眼の機能回復の他にも
花粉症などで辛い鼻の症状(くしゃみ、鼻水、鼻詰まり)などのアレルギー現象の軽減にも効果を発揮します。
※ポリフェノールは植物に含まれている色素や渋み、苦みの成分です。
ポリフェノールは、約5,000種類以上もあると言われています。

ブルーベリーの濃い青紫色の色素がアントシアニンになります。

世間で青い食べ物は、眼に良いというのは大きな間違いで
アントシアニンを含む食材(紫色の玉ねぎ・なす等)が眼に良いとなります。

もちろん、眼に良い物はアントシアニン以外の栄養素や
ブルーベリー以外の食べ物にもあります。

ブルーベリーの良い部分は、アントシアニンだけではありません。

 

・便秘や下痢を改善する食物繊維が豊富

腸内環境を整えてくれる食物繊維が豊富に含まれています。
食物繊維は大きく分けて水溶性と不溶性の2種類あります。
下痢や便秘には2種類の食物繊維がバランスよく必要になってくるのですが
ブルーベリーの食物繊維は、その両方を保持しているのです。

 

・ビタミンCをはじめとする様々なビタミン群も豊富

ブルーベリーは、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンCを含んでいます
ビタミンEは活性酸素のはたらきを抑える作用を持ち、過酸化脂質の発生を防いで細胞の健康維持を助けてくれます。
ビタミンAは皮膚や目、鼻や喉などの粘膜を保護し病原菌から身体を守ったり、
アントシアニンと協力で眼のかすみ・ぼやけるといった症状の軽減してくれます。

作用まとめ
眼精疲労・視力低下の改善、便秘解消・整腸作用、疲労回復、利尿作用、老化防止

効能まとめ
便秘・下痢の改善、デトックス、美肌作り、老化防止、疲労回復

 

ブルーベリーを含む主な商品

berry-peach-crumble⇒ ベリーピーチクランブル